2012年9月25日火曜日

スティーブ・ジョブズに大泥棒といわれた男

エリック・シュミット
元Appleの取締役だったエリックが何故クビになったか。
AndroidとChromeをAppleから盗んだとジョブズは確信したから。
ジョブズは確かに変わった経営者で金作りの名人だが世界一のパンドラの箱が好き。
彼の作るものは秘密裏だし製品もクローズドと言われるものばかり。
裏返すと誰も信じていない。
能力を見抜く力に優れ、100%以上のモノを作らせる。
彼は世界一を作るコーディネーター。
彼がいなければ作れないし、優れた技術者達がいなければ作れないものを簡単に作り出す。
個人的には嫌いではないタイプ。
それを盗み出す名人がいた。
エリックもその能力を買われGoogleの一員なのに取締役に引きずり込んだ。
そしてまんまとしてやられた。
Googleは元々ネットを使い、パソコンの世界で何年もかけて築き上げた分野をネットワークの力で統合しようとしている検索での収益企業なのだ。
 その創立者さえも脇に追いやるやり手のエリックは何を考えているのか。
彼は泥棒の天才ともいえる。
Androidを無償で提供してiOSのiTunes Storeを真似る(盗む)アプリマーケットでごっそり儲けるAppleの仕組みを作ろうとしていた。
そのAndroidもiOSそっくりで何も越えていない。
彼の発想はシェア(占有率)なのだ。
そっくりを安価で作りシェア(利用者)を確保し利益を得る。
彼が日本に来て、売るのはなんとiPodモドキのネクサス7。
しかも小さくて軽く安い。
多分、ある程度のシェア(占有率)を生み出すかも知れない。
その先には何があるのだろうか。

1 件のコメント: